【七輪陶芸】ダイジョーブくんがいればだいじょうぶ。

ダイジョーブくんという、やきものでできた神様を作っています。

【七輪陶芸 日々の記録⑩】初めての爆発!!! お猪口とミニダイジョーブくん

2020.06.02

釉変の面白さに感動した勢いで、またまたお猪口を作ってみる。

だけど、どうしても、やっぱり、手が、手が勝手に動いて、

ダイジョーブくんを作ってしまう。笑

今回はミニサイズのダイジョーブくん。

f:id:daijyo-bu:20200902103711j:plain

 

2020.06.05

 

①素焼き

今回もアルミホイルで包んで焼きました。やっぱり焼きやすくて良いです。

f:id:daijyo-bu:20200902104213j:plain

穴の開いたアミを使っての二段方式も◎!!

しかし、ええ感じーー♪と、焼き進めていた私に、

その瞬間は突然やってきました。

「ボンッ!!!!∑(゚Д゚)」

チョーでかい音!!!

こ、こ、これが、噂の、七輪陶芸の爆発というやつか!!!

f:id:daijyo-bu:20200902104920j:plain

ダイジョーブくんが、バラバラです。(ToT)

理由ははっきりしています。

このミニダイジョーブくん、中が空洞ではない、つまり、土のかたまりのままだったので、表面は乾燥しているようにみえて、中に水分が残っていたんでしょうね。

にしても、ダイジョーブくん、爆発してもかわいいな。

むしろこのバラバラ感が、たまらなく愛おしいな。完全じゃない方が惹かれるな。その背景にある人生を知りたくなるもんな。人も一緒やな。完璧な人より、どこか欠けてる部分がある方が人としてきっと魅力的やもんな、、。

七輪陶芸すると、どうも哲学的になります、、。(^^;;


2020.06.06

 ①本焼き

今回は茶色釉をぬって本焼きへ。

アミの中に入れてみたり、炭を変えたりしてみました。

f:id:daijyo-bu:20200902110051j:plain

f:id:daijyo-bu:20200902110133j:plain

f:id:daijyo-bu:20200902110200j:plain

◎問題と反省点

白炭では高温にならなかったので、(見てる分にはきれいだけど)後半BBQ用の炭を投入。→バッチバチに爆ぜて、炭が舞って、作品にたっぷりついてしまった。

この、 “足りなくなって、あわてて炭を追加する”っていうのは良くないですね。

火のついた炭を余分に準備しておいて追加したら、あまり爆ぜないのかもしれません。

 

結果

f:id:daijyo-bu:20200902111150j:plain

f:id:daijyo-bu:20200902111115j:plain

真っ黒になってしまいました。

ヒビや割れはなかったんで、それはよかった点です。

次回は炭の使い方を工夫してみます。